青森のセフレの愚かな考えに気づきました

最愛の奥さんの子孫を忘れて(笑)

さようなら青森のセフレ」
を始めたとき、私の日記は読書に特化していました
時々そのような状況で

「お米の友達が恋しい…」
内容の日記を読みました
https://www.nikukai.jp/aomori-sefure/

 

「お米の青森のセフレねえ…」
冷たい目で見ていました…

日記を書き始めた後、自分の愚かな考えに気づきました…

今年からお世話になっているお米の友達が次々と辞めてきました…

*奇妙な意味ではありませんw
あまり交流がなかった…顔も声も知らなかった

やっぱり寂しい…

もしそうなら、連絡先情報を教えてください…
とは少し違います

このの日記でのカジュアルなやり取りは楽しくて幸せです
やめない一人一人..。
お米の友達の言葉を借ります(笑)
それは前向きな撤退です。

私は新しい青森のセフレを壊した
前進しかできない道だから
泣く時間がない
でも今
青森のセフレにも見られないから少しだけなのかしら

それはいつの日かみんなが経験する方法ではありませんか?
だから笑って彼女のさようならを振る

私の好きな曲のひとつです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です