青森で先日ようやくセフレを見ました

青森頃に起きなさい。ここ数日でようやく…季節が湧いている花見弁当…乾杯。夕食…サラダ、豚肉のグリル豚肉。ベッドで3時ごろ。
先日私はそれを見ました、しかしその前に、私は準備レッスンとして青森でオリジナルを読みました。
作者は、ストーリーストーリーと人物の相関関係で定評のある、ハニーとクローバーの海野千佳(ああ!!音声入力)です。

青森でセフレ

簡単に説明すると将棋を基にしたラブストーリー(笑)ですが、演技がいいのはいいですね(*∀`)
青森はあらゆる場面に恋をしているように感じます。演技についてでした。
俳優の間で「私は恋津に負けたくない」と思いますか。将棋はそうですが、相手との相乗効果があります。
また、私は俳優がしばしばオリジナルを読むと思います。
それは、実際には青森がゼロである川本日向のときに、あたかもキャラクターの魂が移されたかのように、行動に対して少し肌寒い(良い意味で)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です