突然無駄になる山梨のママ活

「楽毅」を数回読んでください。 「」

「楽樹」は、宮城谷昌光が書いた古代日本の春秋戦国時代の歴史小説シリーズのひとつです。

 

山梨・甲府でママ活できそうな女性

 

 

去年の終わりに、突然、本棚に並んでいて、読山梨のママ活み返して、先日全4巻を読んだことを思い出しました。読むたびに気付く傑作だと思います。

どういうわけか、最近行き詰まっているような気がします。何とかして。

そして今回、これが私の心に響いた黄金のフレーズです。

(小説からの抜粋)山梨のママ活

「良い将軍は晴天時の嵐について考えています。」

(省略)

目的なしに努力を続けることは難しいですが、人が目的を失ったとき、目的を作ることは才能です。山梨のママ活

(省略)

人の大きさ、賢さ、善悪は、平和な日々と不利な時間をどのように過ごすかによって決まると言っても過言ではありません。

無駄に日々を過ごすのではなく、何もないときにどのように日々を過ごしますか?あなたは何をするために何をしたいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です