青森セフレは開店準備をしていた

青森セフレ銀行本店(福島市)によると、開業の数分前の午前9時に爆発が発生した。 2階建ての建物の窓ガラスが大きな音で割れて室内に散らばっていたそうです。開店準備をしていた12人の従業員のうち2人ががれきから出血しており、1階のATMを利用している2人の乗客も関わっていました。

近くの青森セフレで働く薬剤師の長谷川哲也さん(49)は、「夜明け後、突然、衝撃と風圧が襲った。爆発後、多くの人が外に出て集まった」と語った。

青森セフレから約80メートル離れたビルにいた男性(43)は、雷鳴が鳴り響くと同時に地面が揺れたと語った。 「地震だと思った。何が起こっているのかわからなかった。唯一の(爆発した)建物は骸骨だった」と彼は回想した。南東約100メートルの大東銀行事務所では、建物の3階と4階にある約30個の窓が壊れた。 3階の天井の一部が崩れ、他にも崩れそうなところがいくつかあります。
しかしながら、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です