青森ではめったにセフレ発見されていません

中青森病は、2年生(14歳前後)でよく発生する思春期特有の思考、行動、価値観が過剰発現している状態です。
彼らの多くは加齢とともに自然に治癒しますが、慢性的で重度になることはめったになく、社会生活を営む上で障害となります。青森の身体症状や臨床所見は発見されていません。

青森でセフレ

 

主な症状として

突然両親に寒いふりをする(母親に義理の母、混乱、プライバシーの尊重などを与える必要がある)

愛の喪失と孤独を好む(いわゆる「孤独」)

青森ブラックコーヒーを飲む

突然ロックや西洋音楽を聴き始める

長いコートやマントを切望し、銃やナイフを持ちたい

会社が武装グループに占領され、一人で戦っているという妄想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です